遷延性うつ病になりうる原因にジスロマック治療薬

遷延性うつ病は難治性うつ病や高齢者に多い身体の病気から生じるうつ病、統合失調症を伴うような重症のうつ病など、通常の治療ではなかなか完治できないうつ病のことを示します。うつ病という診断がなされて適切な治療が行われているにもかかわらず、なかなか治療が見込めない状況になる難治性うつ病は遷延性うつ病としても典型的なものであり、精神療法や電撃けいれん療法が治療として用いられることもあります。遷延性うつ病の原因となるものは様々ですが、重篤な疾患にかかってしまい、もう完治することができないという状況に立たされるとそれが原因となることも稀ではありません。末期がんや精神系の疾患でよく見られることですが、それ以外にも性病で起こる場合もあります。患者数が多いことで知られる性器クラミジアのような性病はそれほど大きな問題にならないことがほとんどです。ジスロマックによる治療が可能だからであり、大半の人が数週間で完治することが可能です。ジスロマックのような有効な治療薬がある感染症の場合には、たとえ性行為をしたことが後悔されても立ち直ることができるでしょう。しかし、ジスロマックのような画期的な治療薬はある方が珍しいのが事実であり、肝炎ウイルスに感染した場合には治療の確率が格段に落ちます。ウイルス性肝炎治療ではインターフェロン療法が基本ですが、性病で多いB型肝炎が完治できる確率はおよそ3割です。インターフェロン療法は激しい副作用を伴うことも知られており、その闘病生活の末に治らないという状況に立たされれば、遷延性うつ病となってしまうことも想像に難くないでしょう。たった一回の性行為が原因で人生が終わってしまったと考えても仕方なく、心に深い傷ができてしまうからです。