細菌感染による病気で選ばれることが多いジスロマック

マクロライド系に属するジスロマックは抗生物質として多様な感染症に有効であることが示されています。人が病気にかかってしまう原因には多数ありますが、その中の一つが病原体に対する感染によるものです。病原体として知られるものには細菌やウイルス、真菌や原虫といったものがあり、それぞれに対して有効性の高い治療薬が数多く開発されてきています。そういった中でジスロマックは細菌に対して低濃度では静菌的に、高濃度では殺菌的に働く抗生物質として機能し、細菌感染が原因になっている病気の治療に活用されています。抗生物質として古くから用いられてきたものにβラクタム系抗生物質がありますが、それが有効ではない菌も多く、クラミジアやマイコプラズマといった菌に対する感染症の治療にマクロライド系の抗生物質は汎用されています。ジスロマックはマクロライド系の中でもニューマクロライドと呼ばれることがある画期的な薬です。経口薬として用いることができても胃酸に弱いために不活性化されてしまう割合が多いというのが従来のマクロライド系抗生物質の問題点でした。しかし、構造が異なる有効成分を持つジスロマックの場合には胃酸の影響を受けないため、より少量で効かせることができるのです。徐放製剤ができたことによって一回の投与で一週間も有効であるものも使用されるようになっています。抗生物質を使う場合には完治するまで飲み続けることが耐性菌を生まないために重要ですが、病気によっては自覚症状が伴わなかったり、自覚症状の軽減が早かったりするために患者が勝手に飲むのをやめてしまうことがあります。そういった事態を防止することができるため、ジスロマックを好んで使うことが多くなっているのが現状です。